• HOME
  • 新規会員登録

新規会員登録

利用規約への同意

    
◇利用規約
会員登録されるお客様は下記「会員規約」、および「利用規約」をご覧いただき、ご同意の上新規会員登録へお進みください。

「ネットde倉庫」会員規約
(ネットde倉庫会員規約)
 高槻電器工業株式会社(以下「当社」といいます。)は、当社が提供する倉庫サービス(以下「本サービス」といいます。)を利用するネットde倉庫会員(以下「会員」といいます。)に関する規約をネットde倉庫会員規約(以下「本規約」といいます。)として以下のとおり定めます。

(定義)
第1条 会員とは、本規約および別に定める「ネットde利用規約」を承諾した上で当社の定める会員登録手続きを行い、本サービスの利用者として当社がこれを承認した者をいいます。
2 本サービスとは、当社が提供する保管、運送およびそれに付随する諸サービス業務をいいます。

(会員資格)
第2条 会員は、次のものを具備していることを資格条件とします。
(1)日本国内で利用可能であり、有効なクレジットカード。
(2)当社が会員と直接連絡が取れる電話番号。
(3)電子メールの送受信が可能な会員本人の電子メールアドレス。

(適用範囲および変更)
第3条 本規約は本サービスの利用者に適用されます。
2 当社は、会員の事前の承諾を得ることなく本規約を必要に応じ変更することができるものとします。

(ホームページでの会員登録手続きおよび諸規約の承諾)
第4条 ホームページでの会員登録申請者は、当社が管理するネットde倉庫ホームページの会員登録手続き画面にて必要事項を入力し、同画面の『承諾する』ボタンをクリックし送信するものとします。これにより同画面に掲載されている本規約およびネットde倉庫利用規約の内容を承諾したものとみなします。

(会員登録)
第5条 前記第4条の登録手続きに対し、当社がその申請内容を承認し、会員IDを付与した時点で会員登録が成立するものとします。

(個人情報の取り扱い)
第6条 当社は、会員登録手続きにより入手した申請者の個人情報については必要な保護措置を行い、次の各号に定める場合を除いては、いかなる場合でもこれを提供または開示をすることはありません。
(1)本サービス利用に伴う決済、運送などに必要な場合。
(2)本人の同意がある場合。
(3)公的機関からの法令等に基づく要求を受けた場合。

(会員ID、暗証番号の管理)
第7条 会員は、当社より付与された会員ID、およびネットde倉庫HPの会員登録手続きの際に登録したパスワードを自己の責任において管理、保管するものとし、これを第三者に利用させたり、貸与、譲渡、名義変更、売買等をしてはならないものとします。会員による会員ID、およびパスワードの管理不十分、使用の過誤、第三者の利用等から生じた損害は会員が負うものとし、当社は一切の責任を負いません。
2 会員は、会員ID、およびパスワードが盗まれたり、第三者に利用されていることが判明した場合には、直ちにその旨を当社に通知するとともに、当社からの指示に従うものとします。

(会員登録の抹消)
第8条 当社は、会員が次の各号に該当する場合、あるいは第10条の禁止事項に該当する行為があると認められる場合には、事前の通告なく、会員登録を抹消することができるものとします。
(1)本規約に違反した場合。
(2)登録内容に虚偽、誤り、または記入漏れがあった場合。
(3)第三者に成りすました申請の場合。
(4)料金等の支払い債務の履行遅延または不履行があった場合。
(5)会員登録完了日以降、本サービスの利用が3年を超えて発生しなかった場合、あるいは本サービス利用最終日より3年を超えて新たな利用が発生しなかった場合。
(6)その他会員として不適当と当社が判断した場合。
2 前項の規定により会員登録が抹消された場合、当該会員は抹消の日までに発生した料金等、サービスに関連した当社に対する債務の全額を、当社の指示する方法で支払うものとします。

(禁止事項)
第9条 本サービスを利用するに当たって、以下の行為は禁止します。
(1)他者の代わりに、本人の承諾なく会員登録をすること。
(2)本サービスの運営を不当に妨害し、当社に不利益を生じさせること、またはそのおそれがある行為。
(3)他の会員の権利を侵害し、損害を与えること、またはそのおそれがある行為。
(4)転売、有料による斡旋などの営利目的に本サービスを利用すること。
(5)法令の規定または公序良俗に反する行為。
(6)他の会員の会員番号、暗証番号を不正に使用する行為。
(7)コンピュータウイルス等有害なプログラムをネットde倉庫HPに侵入させる行為。
(8)当社の財産、機密情報を侵害する行為、またはそのおそれのある行為。
(9)その他、当社が不適切と判断する行為。

(通知、連絡および同意の方法)
第10条 当社から会員への本サービスの運営に関する通知(会員規約の改定、料金の改定、サービスの追加、変更および廃止等を含む)および連絡は、ネットde倉庫HPへの掲示、当社からの電子メールまたは郵送のいずれかにより行います。
2 前項の通知がネットde倉庫HPへの掲示で行われる場合、当該通知がネットde倉庫HPに掲示された時点ををもって会員への通知が完了したものとみなします。
3 前記第1項の通知が電子メールまたは郵送で行われる場合、会員が当社に登録したメールアドレスへの発信または当社に登録した住所への発送の後、当該通知が通常到達すべき時に到達したものとみなします。

(権利の帰属)
第11条 本サービスのビジネスモデルを構成するネットde倉庫HP、ソフトウェア、サービスおよび商標、商号それに付随する権利全般は、当社に帰属するものであり、会員は、これらの権利を侵害する行為を一切行ってはならないものとします。


「ネットde倉庫」利用規約

   第1章 総 則

(定 義)
第1条 ネットde倉庫とは、高槻電器工業株式会社(以下「当社」といいます。)が運営する保管、運送およびそれに付帯する諸サービス業務(以下「本サービス」といいます。)をいいます。
2 この規約においてネットde倉庫会員(以下「会員」といいます。)とは、別に定めるネットde倉庫会員規約および本規約を承諾の上、当社が指定する方法によりネットde倉庫ホームページ(以下「ネットde倉庫HP」といいます。)上の会員登録画面にて必要事項を登録し、当社が本サービスの利用者として承諾した者をいいます。

(適用範囲)
第2条 この規約は、別表Ⅰに掲げるものを除く物品の寄託であって、その保管等が本サービスとして行われるものに適用されます。
2 この規約に定めのない事項については、法令または一般の慣習によります。
3 当社は、前2項の規定にかかわらず、法令に反しない範囲で特約の申し込みに応じることがあります。

(営業日時)
第3条 当社は営業日時を定め、ネットde倉庫HPに掲示します。
2 前項の営業日時を変更する場合は、あらかじめネットde倉庫HPに掲示します。

(会員側のホームページ利用環境を要因とする諸影響)
第4条 本サービスをネットde倉庫HPを介して利用する場合は、会員側のコンピュータ、プリンタなどの諸設定が適切になされていることを条件とします。
2 前項の条件を満たしていないことによる動作結果やそれがもたらす諸影響について、また、前項の条件を満たしていても、会員側のコンピュータの環境設定に関するすべての事情等当社の関知し得ない原因によってネットde倉庫HPに正しくアクセスできない場合は、それがもたらす影響について、当社は一切の責任を負いません。

(利用条件)
第5条 本サービスの利用にあたっては、次のものを具備していることを絶対条件とします。
(1)日本国内で利用可能であり、有効なクレジットカード。
(2)当社が会員と直接連絡が取れる電話番号。
(3)電子メールの送受信が可能な会員本人の電子メールアドレス。

(庫入れ、庫出しその他の作業)
第6条 寄託を受けた物品(以下「寄託物」といいます。)の庫入れ、庫出しその他の作業は当社が行います。

(書面による意思表示)
第7条 当社は、会員が当社に対し通知、指示その他の意思表示を行う場合は、書面により行うことを要求することができます。

(通知、催告)
第8条 当社が会員登録用紙に記載された会員住所あるいはネットde倉庫HPの会員登録画面で登録された会員住所(第11条第1項の通知があった場合は、当該通知があった住所)にあてて通知または催告を行った場合は、当該通知または催告は通常到達すべき時に到達したものとみなします。

(業務上受領する金銭の利息)
第9条 当社は、業務上受け取った金銭に対しては利息を付しません。

  第2章 契約の締結等

(寄託申し込み手続き)
第10条 会員は、寄託物の寄託に際し、当該寄託物に関して次の事項をネットde倉庫HP画面上で入力し、送信するか、もしくは電話あるいは窓口にて正確に申告しなければなりません。
(1)会員の名称または氏名および会員番号。
(2)会員の住所、電話番号、メールアドレス。
(3)物品の種類、品名および数量。
(4)保管または作業上特別の注意を要するときは、その保管または作業上の注意事項。
2 当社は、会員が寄託申し込み時に必要な事項を入力、送信あるいは申告しないため、また入力、送信あるいは申告した事項が事実と相違するため生じた損害については、賠償の責任を負いません。

(寄託申し込みの申告事項の変更等)
第11条 会員は、前条第1項第1号および第2号に掲げる事項に変更があった場合は、遅滞なく当社に対し通知しなければなりません。
2 会員は、前条第1項第3号から8号までに掲げる事項を変更しようとする場合には、あらかじめ当社に対しその変更を申し出なければなりません。

(寄託契約の成立)
第12条 寄託契約は、当社が第10条の寄託申し込みを承認し、寄託物の引き渡しを受けたときに成立するものとします。従って、ネットde倉庫HPの寄託申し込み画面での入力、送信は寄託申し込みの手続きであり、契約の成立ではありません。

(寄託引き受けの拒絶)
第13条 当社は、次の事由がある場合は、寄託の引き受けを拒絶することができます。
(1)寄託申し込みがこの規約によらないものであるとき。
(2)寄託品が危険品、変質または損傷しやすい物品、荷造りの不完全な物品その他保管に適さない物品と認められるとき。
(3)次条第2項の規定による寄託価額に関する協議が整わないとき。
(4)寄託物の保管に必要な施設がないとき。
(5)寄託物の保管に関し特別な負担を求められたとき。
(6)寄託物の保管が法令の規定または公序良俗に反するものであるとき。
(7)その他やむを得ない事由があるとき。

(寄託価額)
第14条 寄託物の寄託価額は1梱包30万円を超えないものとします。
2 前項の規定にかかわらず、会員は寄託申し込み時において、当社と協議の上、相当と認められる価額を寄託価額とすることができます。

(契約の解除)
第15条 当社は、次の事由がある場合は、契約を解除することができます。
(1)第13条第2号から6号までの各号の一に該当することが明らかになったとき。
(2)会員が約定のとおり寄託物の引き渡しを行わないとき。
(3)会員が第21条第1項の規定による寄託物の内容の確認を拒絶したとき。
(4)第22条の規定による寄託価額に関する協議が整わないとき。
2 当社は、営業を廃止し、または休止しようとする場合は、契約を解除することができます。この場合にあっては、解除日の1ヶ月前迄にその旨を予告するものとします。
3 会員が当社に寄託物を引き渡した後、当社が第1項または第2項の規定により契約を解除した場合は、会員は遅滞なく保管料、荷役料その他の費用、立替金および延滞金を支払い、寄託物を引き取らなければなりません。
4 当社は、第1項の規定により契約を解除した場合、これによる損害については、賠償の責任を負いません。
5 当社は、第2項の規定により契約を解除した場合、その営業の廃止または休止が合理的またはやむを得ない事由によるものであるときは、これによる損害については、賠償の責任を負いません。

  第3章 料金の支払い等

(ネットde倉庫利用料)
第16条 ネットde倉庫の利用料金は別途定めるものとします。

(決済手段)
第17条 会員は、利用料金その他の債務を会員本人名義のクレジットカードにより支払うものとします。

(クレジットカードによる決済)
第18条 各ご注文ごとにカード決済をいたします。保管料金は、お預かりした日から1か月分をカード決済いたします。
2 会員は、当社が前項に基づき算出した金額を、一括払いでクレジットカード会社で別に定める支払い条件に従い支払うものとします。
3 会員と当該クレジットカード会社の間で料金その他の債務を巡って紛争が生じた場合、当該当事者間で解決するものとし、当社は一切の責任を負いません。

(クレジットカードの失効、延滞金)
第19条 会員のクレジットカードが失効もしくは何らかの事情により決済不能な場合、会員は直ちに銀行振り込みによって利用料金を支払うものとします。この際の振り込み手数料は会員の負担とします。

(料金の変更)
第20条 当社は、国土交通大臣に届け出た保管料、荷役料を変更した場合は、変更された日から新料金により請求します。

  第4章 寄託物の引き渡し(入庫)

(引き渡し時における寄託物の内容の確認)
第21条 当社は、委託物の引き渡しを受けるに当たり、寄託申し込み時に申告された寄託物の品名、数量または保管もしくは作業上の注意事項について疑いがある場合、会員の立会いのもと、もしくは同意を得て、寄託物の内容について確認することができます。
2 当社は、会員の立ち会いもしくは同意を求めるいとまおよび手段がなく、かつ、寄託物の外観から見て、その内容に異常が認められると推定される等正当な事由がある場合、前項の規定にかかわらず、会員の立ち会いまたは同意を得ないで、寄託物の内容について確認することができます。
3 当社は、第1項の規定により確認を行った場合で会員の立ち会いがなかったとき、または前項の規定により確認を行った場合は、会員に対し、遅滞なくその旨および確認の結果を通知します。なお、当社から会員に対して通知手段が無いため、通知しなかったことにより生ずる会員の不測の損害については、当社は責任を負いません。
4 会員は、第1項または第2項の規定により確認を行った場合において、寄託物の内容が寄託申し込み時の申告と異なるときは、確認に要した費用を負担しなければなりません。

(引き渡し時における寄託価額の変更)
第22条 当社は、寄託物の引渡しを受けるに当たり、寄託価額が不相当であると認めた場合は、会員と協議の上、相当と認められる価額に変更することができます。

(入庫通知)
第23条 当社は、寄託物の引き渡しを受けた場合は、会員にその受け取りを証するEメールを送信する。

  第5章 寄託物の保管

(保管方法)
第24条 当社は、寄託物をその引き渡しを受けた時の荷姿のまま保管します。

(再寄託)
第25条 当社は、寄託物の保管に必要な施設がないこと、その他やむを得ない事由がある場合、会員の同意を得て、当社の費用において、他の倉庫業者に寄託物を再寄託することができます。ただし、同意を求めるいとまおよび手段がない場合は、会員の同意を得ないで再寄託することができます。
2 前項のただし書の規定により他の倉庫業者に再寄託した場合は、当社は、会員に対し、遅滞なくその旨を通知します。なお、当社から会員に対して通知手段が無いため、通知しなかったことにより生ずる会員の不測の損害については、当社は責任を負いません。

(保管期間)
第26条 寄託物の保管期間(第15条第1項および第2項の規定により契約を解除する場合を除き、当社が利用者に対し解約を申し入れることができない期間をいいます。以下同じ。)は、原則的に会員が寄託物を引き渡す日(入庫)として約した日から引き取り(出庫)を約した日までとします。
2 寄託物の保管期間は、会員からの解約の申し入れがない限り自動的に更新されます。更新後の保管期間は1ヶ月とします。
3 当社は、次の事由がある場合は、前項の規定にかかわらず、保管期間の更新を拒絶できます。この場合において、当社は、保管期間の満了日の1週間以前にその旨を予告するものとします。
(1)会員名義のクレジットカードが失効あるいは何らかの理由により決済不能のとき。
(2)保管料、荷役料その他の費用が、当社が定めて通知した日までに支払われないとき。
(3)会員が次項第1項の規定による寄託物の内容の確認を拒絶したとき。
(4)その他、会員がこの規約に反したとき。
4 前項の事由が前項の予告の後、保管期間の満了日までの間に解消された場合は、保管期間は更新されます。
5 会員は、第3項の規定により更新を拒絶された場合は、遅滞なく保管料、荷役料その他の費用および延滞料を支払い、当該寄託物を引き取らなければなりません。また当社は、これによって生じた会員の損害について賠償の責任を負いません。

(保管中の寄託物の内容の確認)
第27条 当社は、その保管期間中、寄託申し込み時に申告された寄託物の品名、数量または保管もしくは作業上の注意事項について疑いがある場合は、会員の立ち会いもしくは同意を得て寄託物の内容について確認することができます。
2 当社は、会員の同意を求めるいとまおよび手段がなく、かつ、寄託物の外観から見てその内容に異常が認められると推定される等正当な事由がる場合は、前項の規定にかかわらず、会員の立ち会いもしくは同意を得ないで、寄託物の内容について確認することができます。
3 当社は、第1項の規定により確認を行った場合で会員の立ち会いがなかったとき、または前項の規定により確認を行った場合は、会員に対し遅滞なくその旨および確認の結果を通知します。なお、当社から会員に対して通知手段が無いため、通知しなかったことにより生ずる会員の不測の損害については、当社は責任を負いません。
4 会員は、第1項または第2項の規定により確認を行った場合において、寄託物の内容が寄託申し込み時の申告と異なるときは、確認に要した費用を負担しなければなりません。

(保管不適寄託物の処置)
第28条 当社は、次の事由がある場合は、会員に対して、相当の期間を定めて必要な処置を行うように催告することができます。この場合、会員は遅滞なく必要な処置を行わなければなりません。
(1)寄託物が変質、変形等により保管に適さなくなったと認められるとき。
(2)寄託物が倉庫または他の寄託物に損害を与えるおそれがあると認められるとき。
2 会員が、当社の定めた期間内に前項の催告に応じない場合、または当社が催告をするいとまおよび手段がない場合は、当社は寄託物の廃棄その他の必要な処置を行うことができます。ただし、この場合において当社は、は、会員に対し、遅滞なくその旨を通知します。なお、当社から会員に対して通知手段が無いため、通知しなかったことにより生ずる会員の不測の損害については、当社は責任を負いません。
3 第2項の当社の処置に関して、会員は当社に対して何らの請求もしないこととします。
4 第2項の処置によって生じた損害およびそれに要した費用は、当社の責に帰すべき事由に基づく場合でない限り会員の負担とします。

  第6章 寄託物の引き取り(出庫)

(出庫業務等の取り扱い)
第29条 当社は、会員がネットde倉庫HPから送信した会員番号および暗証番号が当社に登録されているものと一致した場合にのみ、寄託物の出庫業務等の取り扱いを受付けます。
2 当社は前項およびネットde倉庫会員規約第9条第1項第3号の規定により、会員に成りすました第三者の、会員番号および暗証番号の不正使用から生じた損害について一切の責任を負いません。

(出庫手続済寄託物の引き取り)
第30条 寄託物について所定の出庫手続きをした会員は、遅滞なくその寄託物を引き取らなければなりません。

(出庫の拒絶)
第31条 当社は、保管料、荷役料その他費用および延滞金の支払いを受けない間は、出庫の請求に応じないことができます。この場合、これによる損害については、当社は、賠償の責任を負いません。
2 前項の場合において、留置期間中の保管料、荷役料および延滞金は、会員の負担とします。

  第7章 引き取りのない寄託物の処理

(引き取りの請求)
第32条 当社は、第15条第3項または第26条第5項の規定による寄託物の引き取りが行われない場合は、会員に対し、当社が指定する日までに寄託物を引き取ることを請求することができます。
2 前項の請求を書面により行う場合は、当社が指定する日までに引き取りがなされないときは引き取りを拒絶したとみなす旨を付記することができます。
3 当社は、第1項の規定により指定した日を経過した後は、寄託物に生じた損害については、損害の責任を負いません。

(寄託物の処分)
第33条 会員が寄託物を引き取ることができず、もしくは引き取ることを拒み、または当社の過失なくして会員を確知することができない場合であって、会員に対して期限を定めて寄託物の引取りの催告をしたにもかかわらず、その期間内に引き取りがなされないときは、保管料、荷役料その他費用への充当が終了した日から3ヶ月を経過した後は、会員は寄託物の所有権を放棄したものとし、当社は会員に対し予告した上で、公正な第三者を立ち合わせて寄託物の売却その他の処分をすることができます。ただし、寄託物が腐敗または変質するおそれがあるものである場合は、会員に対し予告した上で、引き取りの期限後直ちに公正な第三者を立ち会わせて寄託物の売却その他の処分をすることができます。
2 当社は、前項の規定により処分した場合は、会員に対し遅滞なくその旨を通知します。なお、当社から会員に対して通知手段が無いため、通知しなかったことにより生ずる会員の不測の損害については、当社は責任を負いません。
3 当社は、第1項の規定により売却した場合は、その代価から保管料、荷役料その他の費用および延滞金並びに売却のために要した費用を控除し、残額があるときはこれを会員に返還し、不足があるときは会員に対しその支払いを請求します。
4 会員は、当社の第1項の規定による売却または処分に関して、第3項の残額返還請求を除き、当社に対して何らの請求もしないものとします。

  第8章 寄託物の損害保険

(損害保険)
第34条 当社は、会員のために寄託物を当社が適当とする保険者の火災保険に付します。ただし、他の倉庫業者に再寄託した寄託物については、その再寄託を受けた倉庫業者がその適当とする保険者に当社が付保した場合と同様の火災保険に付するものとします。
2 当社が前項の規定により寄託物について締結する火災保険契約の保険金額は、寄託物の寄託価額とします。
3 会員が、火災保険契約の効力に関して影響をおよぼすような事項を告知せず、もしくは不実の告知をしたことによって生じた損害は、会員の負担とします。

(損害てん補額の決定)
第35条 会員は、寄託物がり災(火災)当時の価格および損害の程度並びに損害てん補額を保険者と決定するに際しては、それぞれの金額について当社の承認を得なければなりません。
2 前項の決定をするに当たって、会員と保険者との間で協議が整わない場合は、当社は、保険者と協議の上決定することとし、会員はその決定に異議を唱えないものとします。

(火災保険金の支払い手続き)
第36条 会員が、火災保険金の支払いを受ける時は当社を経由しなければなりません。

  第9章 賠償責任

(責任の始期および終期)
第37条 当社の寄託物に関する責任は、当社が会員から寄託物の引き渡しを受けた時に始まり、寄託物を引き渡した時に終わります。

(当社の賠償責任と挙証)
第38条 当社は、当社またはその使用人の故意または重大な過失によって生じた寄託物の滅失またはき損の損害について賠償の責任を負います。
2 前項の場合において、当社に損害賠償を請求しようとする者は、その損害が、当社またはその使用人の故意または重大な過失によって生じたものであることを証明しなければなりません。
3 損害の額が寄託価額を超える場合は、損害の額は寄託価額を上限とみなします。
4 当社が、損害の生じた寄託物についてその価額の全部を支払ったときは、当社は会員がその寄託物について有する一切の権利を取得します。

(再寄託物に対する責任)
第39条 当社は、第25条の規定により他の倉庫業者に寄託物を再寄託した場合においても、この規約に基づき、当該寄託物について当社が自ら保管した場合と同様の責任を負います。

(免責事項)
第40条 当社は、次の事由により生じた損害については、賠償の責任を負いません。
(1)寄託物の性質、欠陥もしくは自然の消耗または荷造りの不完全。
(2)虫害。
(3)戦争、事変、暴動および強盗。
(4)地震、津波、高潮、大水、暴風雨および塩害。
(5)前各号に掲げるものの他、抵抗もしくは回避することができない災厄、事故、命令、防疫、処置または保全行為。

(ネットde倉庫HPの免責事項)
第41条 当社は、ネットde倉庫HPの情報、内容の複製や表示等の使用などに起因するあらゆる形の損害については、直接的、間接的などの条件を問わず一切その責任を負いません。
2 当社は天災、事変、その他の非常事態が発生し、もしくは発生する恐れがあるときは会員に事前に通知することなくネットde倉庫HPの全部、または一部を停止する措置をとることができます。
3 前項の停止によって生じた会員の損害については、当社は一切の責任を負いません。

(会員の賠償責任)
第42条 会員は、寄託物の性質または欠陥により当社に与えた損害については、過失の有無にかかわらず賠償の責任を負わなければなりません。

(引き渡しによる責任の消滅)
第43条 当社は、会員が留保しないで寄託物を受け取った後は、その寄託物の損害について責任を負いません。

別表Ⅰ(第2条第1項関係)
  次に掲げる物品はお預かりできません。
・専用保管ケース1個あたりの内容物の価格が30万円を越えるもの。
・専用保管ケース1個あたりの内容物の重量が25Kgを越えるもの。
・現金、有価証券、通帳、印鑑、クレジットカード、キャッシュカード、重要書類、貴金属、宝石、美術品、骨董品等高額商品もしくは貴重品。
・精密機器、ガラス製品、陶磁器等壊れやすい製品。
・毛皮、和服等高価な衣服。
・磁気テープ、磁気ディスク等 磁気の影響を受ける物品。
・灯油、ガソリン、ガスボンベ、マッチ、ライター等の可燃物。
・農薬、火薬、劇薬、毒物等の危険物または劇物。
・種子、苗を含む動植物等の生き物。
・固体、または液体の保存のきかない食料品。
・異臭、悪臭の発生するまたは恐れのある物。
・希少性が高く、ほかに代替のきかない物。
・廃棄物、法令により所持を禁止されている物品。
・「ネットde倉庫」の保管方法以外の保管管理が必要な物品。

別表Ⅱ(第16条第1項関係)
 
商品名(サイズ)制限重量
(1箱につき)
月額保管料
(消費税込)
(1箱につき)
寄託価額
(1箱につき)
Sサイズ(mm)
(425×365×315)
25㎏205円300,000円
M1サイズ(mm)
(750×450×355)
25㎏309円300,000円
M2サイズ(mm)
(935×435×185)
25㎏309円300,000円
荷役料 216円